データから見えてくる病院経営~地域医療構想~ セミナー

医用工学研究所では、診療報酬改定で病院経営環境が大きく変わろうとしている現在、病院原価計算や地域包括ケアをテーマとしたセミナーを開催いたします。 病院経営戦略策定、データ基盤構築に是非お役立ていただきたく、ご案内申し上げます。

セミナー概要

第1部では、国立大学病院における経営分析の取り組みとして、42大学病院のベンチマーク分析を実現した事例と今後の地域医療構想を見据えた展開を東京大学医学部附属病院 事務部長 塩﨑 英司様からお話し頂きます。

第2部では、2016年4月からの診療報酬改定をどのように解釈しどのように経営戦略に活かすかをテーマとし、各種統計を用いて医療関連データを分析し医療機関経営をコンサルティングしておられる、株式会社メディチュアの渡辺 優様にお話を頂きます。

また第3部では、医療機関に特化したDWHベンダーである弊社から、医療活動を支えるシステム基盤、データ分析文化についてご紹介いたします。

開催概要

タイトル
データから見えてくる病院経営~地域医療構想~ セミナー
開催日時
2016年7月14日(木) 14:00~16:30 ※受付開始 13:30
会場
TFTビル東館9階 会議室 9-A
東京都江東区有明3丁目6番11号(MAP
内容
■第1部「国立大学病院における経営分析の取り組み紹介~42大学病院のベンチマーク分析を実現~」
講師:東京大学医学部附属病院 事務部長 塩﨑 英司 氏
■第2部「診療報酬改定と地域医療構想、データから見えてくる戦略と人材育成の重要性」
講師:株式会社メディチュア 代表取締役 渡辺 優 氏
■第3部「データ中心の医療活動を支えるシステム基盤に求められるもの~患者データベースを目指して~」
講師:株式会社医用工学研究所 取締役 木寅 信秀
対象
病院経営戦略を企画、立案する方
参加費
無料
定員
100名 ※先着順
お問合せ
株式会社医用工学研究所 セミナー事務局
TEL:059-221-5311
E-mail:sales@meiz.co.jp

※本セミナーは、同業の方につきましてはお断りさせていただいております。

※満席につき、セミナーのお申し込みは終了いたしました。
お申込み、誠にありがとうございました。
ページトップ