※本セミナーのお申し込みは終了しました。
次回セミナー:7月14日(木)のお申し込みは下記URLからお願いいたします。
https://ssl.meiz.co.jp/seminar04.html

診療報酬改定をどう解釈し、どう経営戦略に活かすか?
 データ基盤構築とアナリスト育成の重要性セミナー

セミナー概要

2016年4月から改定される診療報酬をどのように解釈し、どのように経営戦略に活かすかをテーマとし、第1部にて、各種統計を用いて医療関連データを分析し医療機関経営をコンサルティングしておられる株式会社メディチュアの渡辺 優様にお話を頂きます。また第2部では、医療機関に特化したDWHベンダーである当社の、代表取締役社長北岡から、適正な経営戦略を練るためのDWH基盤構築のポイントをご紹介いたします。

こんな課題をお持ちの方にオススメ!

  • 診療報酬改定のセミナー等で改定の概要はわかったものの、改定がどう自院の経営に影響するかわからない。

  • 経営企画などの部門に所属していて、新たな戦略構築が求められている。

  • データ活用が重要なことは分かっているが、業務への活かし方・コストダウンに結びつけられない。

  • データを経営に活かすための院内のアナリスト育成方法がわからない。

開催概要

タイトル
診療報酬改定をどう解釈し、どう経営戦略に活かすか?
データ基盤構築とアナリスト育成の重要性セミナー
開催日時
2016年4月21日(木) 15:00~17:00 ※受付開始 14:30
会場
八重洲博多ビル 11階 貸しホールB(MAP
内容
■第1部「診療報酬改定と地域医療構想、データから見えてくる戦略と人材育成の重要性」
講師:株式会社メディチュア 渡辺 優 氏
■第2部「データ活用とデータ保全、重要性が高まるDWH基盤に、必要なエッセンス」
講師:株式会社医用工学研究所 代表取締役社長 北岡 義国
※講演終了後17:00~1時間ほど、個別相談会ならびにデモ展示を予定しております。
対象
病院経営戦略を企画、立案する方
参加費
無料
定員
30名 ※先着順
お問合せ
株式会社医用工学研究所 セミナー事務局
TEL:059-221-5311
E-mail:sales@meiz.co.jp

※本セミナーは、同業の方につきましてはお断りさせていただいております。

ページトップ